在宅とは?

薬剤師も在宅訪問しています

「薬剤師」がお宅へ伺う「訪問サービス」をご存知ですか?
寝たきりの方やお薬を取りに来られない方が在宅で医療を受けるときに、薬剤師が患者さんのお宅を訪問して、お薬についての説明やお薬の管理のお手伝いをします。
私たち相薬グループでは在宅医療に積極的に取り組み、在宅での医療や生活の質の向上に貢献したいと考えています。

訪問の流れ

①訪問診療
医師が訪問診療を行い、必要に応じて処方箋を発行します。
②訪問指示
薬剤師によるお薬の管理や説明が必要と判断した場合、医師は薬剤師に訪問指示を出します。
③訪問
薬剤師は処せんに基づき調剤し、お薬を持って患者さんを訪問します。そして、お薬の説明やお薬の管理をお手伝いします。(訪問回数は患者さんの状態によって変わります)
④報告
訪問結果を医師とケアマネージャーに報告します。連携をとることで、より良い医療・介護を目指します。

薬剤師が訪問して何をしてくれるの?

お薬を持って訪問



飲み忘れ防止



薬を飲みやすく



副作用のチェック


飲み合わせのチェック



残薬の整理


栄養相談


介護者への相談


体が不自由で薬を取りに行けない方や、重い薬を持って帰れない方などは、調剤した薬を持って訪問し、ご自宅でお薬の説明・管理を行います。

「お薬を飲み忘れる」、「お薬を飲んでいるつもりなのに余ってしまう」という方には、お薬の飲み忘れを防ぐための調剤方法や保管方法をお手伝いします。

「錠剤やカプセルがのどにつかえる」、「粉薬の量が多い」などお薬が飲みづらくて困っている方には、医師にお薬の変更を依頼したり、飲みやすく加工したりします。

体調の変化などをみて、薬の副作用かどうかを確認します。疑いがある場合には医師と協議します。

お薬の飲み合わせのチェックをしたり、同じ薬が処方されるのを防ぎます。また、市販の薬との飲み合わせなどの相談も受けます。

余った薬を整理し、負担金額を軽減したり、適切な処分方法を説明します。

お薬に影響のある食品やサプリメント、健康食品のアドバイスや病状にあった栄養相談に応じます。

介護用品についての相談や販売を行います。また、床ずれの予防方法や消毒の方法など介護方法の相談に応じます。

どうすれば来てくれるの?

まずは、在宅サービス専用電話にご連絡下さい。
サービス開始前に、ご自宅でのお薬の保管状況、服薬状況などを把握させていただくために、担当者が訪問して現状を確認させていただきます。その際に、サービス利用にあたりご不明な点などをご説明し、サポート内容をご相談させていただきます。その後、主治医やケアマネージャーなどと連携し定期的に訪問させて頂きます。
※介護保険を利用する場合は契約書などの取り交わしを行います。

ご利用料金について

介護保険を利用する「居宅療養管理指導」、医療保険を利用する「在宅患者訪問薬剤管理指導」という制度を利用してサービスを受けられます。
お薬代とは別に1回の訪問に344~507円の費用がかかります。詳しくは在宅サービス専用電話にお気軽にお問合せください。

在宅訪問についてのお問合せ

TEL:080-2377-8589

FAX:042-730-2488

Eメール:souyaku@mug.biglobe.ne.jp

相薬薬局グループ
在宅支援チーム 担当:澤田弘之